Tochigi15.jp はもうここではありません。 代わりに、tochigi-skyberry.jp を試してください。

品種改良をしたイチゴ

品種改良によってより良い食べ物を作り出す技術はいちごにも使われています。
ゆうべに いちご 熊本県で品種改良した新品種 こちらの映像にも登場しています、大きな粒のいちごですが、熊本で品種改良されています。
その結果、味、歯ごたえ、大きさがより良いものになったと評価を受けているようです。

イチゴの品種改良の研究はまだまだ続けられているようですが、イチゴの植物としての種類を考えると、イチゴ自体は果物ではありません。「果菜」というものに植物のカテゴリーでは分けられています。しかしそのイチゴの種類全体を数えてみると、正式に申請されたものだけでも200種類に迫る勢いなのだそうです。

品種改良ではイチゴは主にビニールハウスで育てられ、おしべとめしべの受粉が完全にコントロールされるようになります。そして一番良いタイミングと良い量と判断されたところで受粉が開始され始めます。品種の改良には長い年月がかかるうえ、改良が成功する保証はありません。現段階の世代が少しでも優れていたら次の世代はそれよりももっと優れたものになるであろうとして、何度も改良は繰り返されます。

現在農家作業は科学的な知識を要する分野も多く、品種改良されたイチゴは奇跡の産物とも言えるでしょう。